不妊治療の針灸

不妊治療ロゴトップ

☆子ども6人トップお喜び

不妊治療でこのようなことにお悩みありませんか?

不妊チェック項目

不妊治療の鍼灸の効果

ハート1基礎体温を整え、妊娠しやすい状態に整える。

(体温を上げ、高温期を14日以上に保つ)

ハート2骨盤腔内の血流をよくして妊娠しやすい環境を作る

ハート3精神的に安定させる。

ハート4治療により卵子の質を高める

ハート5初期流産を改善し妊娠を継続させる体を作る。

裕子さんの妊娠日記~針灸治療開始から妊娠継続~

裕子さんは不妊症と不育症で悩まれておられて来院されました。

1、不妊症の鍼灸治療開始6カ月

裕子さんは不妊鍼灸治療を6カ月(1か月約3回来院)続けられまして、妊娠の兆候がありまして、産婦人科を受診されました。

診察を受けられ、超音波検査にて赤ちゃんの胎嚢が確認されました

5週4日

2、不妊症の鍼灸治療開始7カ月

8週3日

 

3、不妊症の鍼灸治療開始8カ月

12週目

4、不妊症の鍼灸治療開始9カ月

16週目

「ゆか鍼灸整骨院」の不妊鍼灸治療が大手口コミサイトでNO.1のわけ

女の子安心

 

1、不妊治療の実績を着実につみかさね、多くは知り合いの方の口コミでの来院にささえられております。

2、親身になって治療を行います。初回ではカウンセリングを行い、患者様の生理周期、西洋医学の治療の内容を把握してお一人お一人に合わせた治療計画を立てていきます。

3、患者様の体質に合わせた針きゅうのツボを探して治療をしていきます。

4、女性院長の施術ですので、技術も経験も豊富で患者様が安心して治療を受けることができます。

5、お家でもできる治療法(お灸、食事療法)などをお伝えしております。

6、自然豊かな隠れ家のような施術所でリラックスして治療を受けることができます。

自分でできる不妊治療の灸の仕方

30代女性ボード持ち自分でできる針灸

~院長が、来院された患者様にその方にあったツボに点を打っていきます~

1、準備するもの

左からもぐさ(直接灸にあうもぐさ・・・この辺はわからないと思いますので見本を差し上げます。)

お灸準備するもの

2、線香に火をつけます。

★DSC_2618

3、もぐさを少量とり、ひねって細くします。

★DSC_2622

4、ひねったもぐさをきゅう点紙の上にのせます。

★DSC_2624

5、きゅう点紙の上のもぐさに線香の火をつけます。

★DSC_2627

6、もぐさのてっぺんをとがらせておくと線香の火が付きやすいです。

★DSC_2646

 

★DSC_2660

お灸をするタイミングですが、何時でも構いません。空腹時、満腹時と入浴前後1時間を避けていただくとより良いと思います。

毎日コツコツすることが大切です。ぜひ行ってみてください。

もし、わからなければいつでも「ゆか鍼灸整骨院」にお立ち寄りください。

妊娠のツボのサイトを作りました。こちらに妊娠しやすいツボがが記載されてありますので是非ご覧ください 妊娠のツボサイトへ


お喜びの声

お喜びの手紙

不妊鍼灸治療を受けられた方より妊娠のお喜びの声をいただいております。

中間市はもちろんのこと遠くは行橋市、門司からのお客様もご通院いただいております。

胎嚢が確認されました。中間市Aさん37歳 中間市Bさん40歳 中間市Cさん35歳  八幡西区Dさん36歳 行橋市Eさん42歳

皆様ありがとうございます。

women-300x3001

  • 35歳Aさん

子供がほしいと思いタイミング療法を試み2年が経過しておりました。 もともと生理痛がひどく、生理不順もあり、子宮内膜症も子供が授からない原因の一つだとおもい、人工授精を4回試みておりました。人工授精を行っている際、何かほかにも妊娠しやすい体になる方法はないかと考え、「ゆか鍼灸整骨院」さんに針や灸をしていただいておりました。4回目の人工授精で待望の一子を授かることができました。施術は女性の院長先生がされていますのでとても相談しやすく、安心感がありました。大変感謝しております。


 

men-300x300

  • 40歳Bさん

最初の子を授かってから8年がたっておりました。次は二人目がほしいと思いタイミング療法試みておりましたがなかなか授からず、以前から通院しておりましたので、院長先生に相談しましたところ鍼やお灸でも不妊治療ができるということでしたのでやってみることにしました。 4か月治療を行いましたところ第二子を授かりました。 その後つわりがひどく、つわりが楽になる治療も合わせてしていただきましてつわりの時期も楽に過ごすことができました。 ありがとうございます。


 

女性影

  • 35歳Cさん

3年ほどタイミング療法を行っておりましたが、子供を授かることができず産婦人科に相談に行きました。原因ははっきりせず、特にわたくしにも夫にも原因は見つからないということでした。夫もわたくしも仕事が忙しくストレスを抱えているのでそのことも原因ではないかと思い、仕事を辞めようかと考えているところに、たまたま友人から「ゆか鍼灸整骨院」さんのほうで不妊治療の鍼や灸を行っていることをきき早速行ってみました。3か月不妊治療を行い、1か月仕事がまた忙しくなりいけなかったのですが、その後2か月通いましたら子供を授かることができました。仕事も辞めようかなと思い、院長先生に相談したりして精神的にも支えになっていただきました。不妊治療が苦しいこと親や兄弟に言えないことをごそうだんできて苦しみから解放されました。。仕事も辞めず、子供も授かることができ本当に感謝しております


 

 

女性影2

  • 36歳Dさん

3度の流産を経験し、不妊専門の病院で見ていただき不育症の疑いがあるといわれてショックを受けているところでした。

そんなときもともと骨盤矯正で「ゆか鍼灸整骨院」さんに来院させていただいてたのでゆか先生に相談させていただきました。とてもよくお話を聞いてくださり、治療計画を立てていただきました。

生理の周期により3回来院し、妊娠が確認され、その後も妊娠を継続させるために治療を行いました。

4回目の妊娠により女の子を無事出産することができました。一度はあきらめかけていましたが、あきらめなくてよかった。本当に感謝しております。


女性影3

  • 42歳Eさん

 

結婚が遅かったものですぐにでも子供がほしいと願っていました。

40歳から妊活を行っていましたがうまくいかず、インターネットで不妊の鍼灸治療を知り、メールを「ゆか鍼灸整骨院」さんにして、治療の仕方などおたずねして来院する運びとなりました。

とにかく早く子供がほしかったので院長先生にその旨をお伝えすると、「自分でもできる治療がありますよ。来院されない日は毎日自宅でお灸を行うとよいですよ。」と自宅で自分でもできるお灸を教えていただきました。

私は冷え性もひどく、冷えを解消することも妊娠につながると教えていただき、冷え性改善の食事なども教えていただきました。

また、「ゆか鍼灸整骨院」さんにあるよもぎ蒸しも利用し、体質改善から行いま」とした。

おかげさまで8カ月通い妊娠することができました。

よくお話を聞いていただき、体質のこと自宅でのお灸など教えていただけることがとても自分にとって良かったと思います。親身になって治療をしてくださいますよ。おすすめの治療院です。

女性シルエット6

30歳Fさん

「多嚢胞性卵巣症候群」と18歳のころに診断され、生理の日が遅れたり、ニキビがたくさんできたり、やや毛深かかったり、声がかすれたりと悩んで過ごしておりました。26歳の時に結婚し、その後子供を授かろうとしておりましたができず、「ゆか鍼灸整骨院」さんに相談させていただきました。針や灸を初めてしていただきながら様々なお話を院長先生とさせていただきました。院長先生に「頑張りすぎですよ」と言われて、自分では気が付いていませんでしたが、なんでも完璧にやろうという気持ちと早くやらなければという気持ちでいつも追い詰められていることを知りました。治療は一か月に約3回くらい通って行うのですが、3か月目くらいからすごく気持ちがおだやかになってきました。そして5か月目に妊娠することができました。


不妊治療Q&A

Q,不妊治療はどのくらいおきに通えばよいの?

A1 西洋医学の治療を受けていらっしゃる方 人工授精の予定のある方   

① 月経周期の3~5日目あたり(排卵前)

② 人工授精の予定日、1日前、2日前、(排卵日、排卵直前日)   

③ 高温期になってから7~11日(着床日付近)     

28日間周期の3回を予定しております    

 

A2 西洋医学排卵誘発剤などの治療を受けておられる方

① 月経周期の3~5日目あたり(排卵前)   

② 排卵日、排卵直前日(28周期の方は生理開始から14日あたり )

③ 排卵日から7日~9日目(着床)  (生理開始から20日から22日あたり /高温期になってから7~11日あたり)    

28日間周期の3回を予定しております

 

A3 現在特に西洋医学の治療を受けてない方

① 月経周期の3~5日目あたり(排卵前)

② 排卵日、排卵直前日(28周期の方は生理開始から14日あたり)

③ 排卵日から7日~9日目(着床)(生理開始から20日から22日あたり高温期になってから7~11日あたり)

28日間周期の3回を予定しております

Q,来院時準備するものはありますか?

A,不妊治療専門病院にかかられている方は、お薬の内容など確認させていただきたいのでお薬手帳や、不妊治療の内容が分かるようにメモなどご用意ください。

基礎体温を付けておられる方は基礎体温表をお持ちください。

不妊治療の方は問診票を数枚書いていただいております。問診票PDFをコピーし記入して来院時持ってきていただきますと初診の方でもお体のことがわかりますので治療にすぐに結びつけることができます。

もしプリンターなどなくて問診票が事前に準備できなくても当院で問診票を書いていただきますのでご安心ください。

下記の項目をクリックされると問診票が開きます。

不妊症の問診票体質チェック

PDF不妊症の問診票